FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myanmar の風景 no. 3 ~ Nay Pyi Taw へ
2006年に遷都された Nay Pyi Taw ネピドーへは国内線で移動
国際線ターミナルの隣にある、混雑した国内線ターミナルへ

早めに着いてチェックイン
荷物がカウンター内に置かれたままだったので、大丈夫かな?と心配しましたが、何事もなく受け取れました
通常のチケットでしたが、もれなくラウンジにて待機・・・

150810NayPyiTaw_1-1.jpg
ヤンゴン空港国内線ターミナルのラウンジ
広々としたスペースでしたが、徐々に人が増えてきたのでした

フライトは45分遅れで出発!

150810NayPyiTaw_2-1.jpg
150810NayPyiTaw_3-1.jpg
FMI Air の小型機 CRJ200 に乗り込みます

タラップの階段は5段くらい ^^;
外国人客が多いような感じでした
50分くらいですが、簡単な機内食も出たょ

150810NayPyiTaw_4-1.jpg
空から見るヤンゴン市内

8月中旬だったので、少し郊外に出ると・・・

150810NayPyiTaw_5-1.jpg
水害の爪跡か・・・ 水が引ききっていない土地が広がっています

150810NayPyiTaw_6-1.jpg
森を越え・・・

150810NayPyiTaw_7-1.jpg
村々の上空を過ぎて・・・

150810NayPyiTaw_8-1.jpg
150810NayPyiTaw_9-1.jpg
Nay Pyi Taw ネピドーの市街地が見えてきました

計画的に造られたネピドー市街地とは対照的に・・・

150810NayPyiTaw_10-1.jpg
空港の近くは長閑な雰囲気 ^^

150810NayPyiTaw_11-1.jpg
空港近くの家々

ネピドーを通り過ぎ、北側から空港へアプローチ

150810NayPyiTaw_12-1.jpg
ネピドー空港

小型の CRJ200 に接続できるようになってました ^^

迎えに来てもらってホテルへ

150810NayPyiTaw_13-1.jpg
宿泊した Thingaha Hotel からの風景

バンガロー形式?な客室
部屋まではカートで移動でした

夕方、もう一度迎えにきてもらって別のホテルへ・・・

150810NayPyiTaw_14-1.jpg
参加した行事が行われた Kempinski Hotel

こちら、格式高い立派なホテルでした

翌日は、北東に 20km くらいの Yezin イェジンの農科大学へ

150810NayPyiTaw_15-1.jpg
途中の片側7車線の道路!

見えてる部分は片側なのです
交通量は非常に少ない!

150810NayPyiTaw_16-1.jpg
イェジン農科大学に到着

150810NayPyiTaw_17-1.jpg
キャンパスはハウス栽培設備などもたくさんあって、かなり広い

150810NayPyiTaw_18-1.jpg
稲作とパゴダの風景写真

戦後の食糧難の時期、ミャンマーから多くの米が日本に輸出されたようです
苦しかった時期を助けてもらってるんですね

帰りはフライトまで時間があったので、Junction Center というモールに立ち寄ったり、省庁の建物を見ながら空港へ

150810NayPyiTaw_19-1.jpg
国会議事堂前の20車線道路!

軍用機の滑走路も兼ねてるのか、と思うほどの道幅

150810NayPyiTaw_20-1.jpg
国会議事堂

それにしても人影が無い・・・
政府の省庁、ホテルが多く、あんまり庶民の生活感のない町やね

Nay Pyi Taw ネピドーからはヤンゴンを経由せず、バンコクに向かったのでした
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。