Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏の楽しみ
久しぶりに、ごく最近の記事を  ^^;

台風がすっきりと去らない中、会津へドライブ

喜多方のお気に入り「はせ川」さんでラーメンをチャーシュー2枚乗せでいただいてきた ^^
2号店が 2014年秋に開店!の噂がネット上にあったが、福島県内の建築事情により、しばらく先になりそうとのこと
あと、日曜に営業していた背脂を利かせたヴァージョンの 「黒はせ川」 は今はやっていない・・・
「黒はせ川」 のメニューは通常でも食べられるようになっていました

久しぶりに「はせ川」さんで食べることが出来て納得して、裏磐梯の諸橋近代美術館へ・・・
Salvador Dali の作品を300点以上収蔵しているユニークな美術館でした

再び雨が降り出した中、ディネに向けて守谷へ急ぐ
これが待ってるしね~

150718CdF_1-1.jpg
予定通り、19時前に帰り着き、コワン・ドゥ・フルノーへ!

今回は、マ・シェリの旧友二人と一緒です
料理だけ決めて、一旦中座・・・ スンマセン

150718CdF_2-1.jpg
車を置きに行ってくる間のお留守番 ^^;

巨大なズッキーニです

持ち上げて、重量を予想も大ハズレ!
端っこを持つと重く感じるという錯覚があるといっても酷いハズレですな・・・

150718CdF_3-1.jpg
アミューズ

定番です

前菜1品目は・・・

150718CdF_4-1.jpg
まるやま農園さんの有機野菜を使ったサラダ

マ・シェリの選択

どの野菜も味わいがしっかり

自分のセレクシオンは・・・

150718CdF_5-1.jpg
ガスパチョ

エッジの利いた味わい

二つ目の前菜は・・・

150718CdF_6-1.jpg
フォアグラのポワレ、レモン・マーマレードとデーツを添えて

奥に "サテ" みたいに見えるのがデーツ(棗)です
火の入ったフォアグラには、ちょっと甘めのお供がよいねぇ

150718CdF_7-1.jpg
コーン・ポタージュ

マ・シェリの二品目

濃い味わい

そして、メインは・・・

150718CdF_8-1.jpg
鮎のコンフィ

ハーブがやんわり利いていてアクセントに
厚みの違う、身とヒレと頭が適度にこんがりと!
素晴らしい火入れです

見慣れない野菜のソテーが入っていて・・・

150718CdF_9-1.jpg
UFOズッキーニ

「パティソン」というのが正式名のようですね

ちょっと熟成ステージに入ったシャルドネと、シャルドネとピノノワールの混ざったセニエのロゼとを用意してましたが、両方とも合う感じでした  ^^
至福ですわ~

満足したところでデセールに入りましょう

アヴァン・デセールは・・・

150718CdF_10-1.jpg
メロンのスムージィ、ヴェルヴェーヌのソルベ添え

爽やかで心地よい甘味

デセールのメインは・・・

150718CdF_11-1.jpg
白桃のブランマンジェ

マ・シェリの選択

150718CdF_12-1.jpg
ババ

聞かなくても判るって?

今回は、マール・ド・シャンパーニュを掛けてもらって・・・

150718CdF_13-1.jpg
ホイップ・クリームを載せましょう ^^

最後まで堪能しました

150718CdF_14-1.jpg
アンフュージョン

これだけでも都内でオーダーしたら・・・
大変価値高いです

150718CdF_16-1.jpg
ミニャルディーズ

カヌレ・ボルドーが居てますね ^^

飲んだワイン・シャンパーニュは・・・

150718CdF_17-1.jpg
Jean-Baptiste Geoffroy, Extra-Brut Rosé de Saignée "Blanc de Rose" NV

René Geoffroy の現当主、ジャン・バプティストと妻のカリーヌの作品

セニエにする前に、シャルドネとピノノワールを合わせています
現行ロットであれば、デゴルジュの時期も判るのですが、その前のロットでした

色合いはオレンジと言ってよい熟成感
温度上がっても揺るがない酒躯と酸
香りにドライフルーツっぽさも出ていました

150718CdF_18-1.jpg
裏ラベル

作るに至ったコンセプトが書かれてますね

メインには白を・・・

150718CdF_19-1.jpg
François Jobard, Meursault "En la Barre" 2002

2本買った2本目
前回は 2009年に名古屋で

その時の印象は薄い・・・

今回は、温度低い間は、ミントっぽいハーブの香り、そして香ばしいナッツっぽさが出てくる
それほど濃い酒躯の作りではないが、控えめな熟した果実がこなれてきていて、ミネラルもしっかり

待ってよかったですね
同じ年の一級 Genevrières は少し先までホールドやね

150718CdF_20-1.jpg
ブションはこんな感じ

鮎をこちらでいただいたのは初めてでした
いつも季節を感じられる一品をおおきにです!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。