FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014 Champagne 紀行 no. 15 ~ Henri Giraud à Aÿ
最終日の土曜には当初訪問の予定は無く、帰国するだけだったのですが、
拠点の Gîtes のオーナーがシャンパーニュの作り手をいくつもご存知ということで、可能な訪問先を探していただくことに

決まった訪問先は・・・

140621HenriGiraud_1-1.jpg
Henri Giraud
拠点を出て Aÿ 村内の大通り D1 沿いにドメーヌはあります

140621HenriGiraud_2-1.jpg

薄い青色のシックな佇まい ^^

最初にビデオでドメーヌの紹介
創設者は Leon Giraud、二代目が Claude Giraud

140621HenriGiraud_3-1.jpg
ピノノワールのDNA?

140621HenriGiraud_4-1.jpg
呼び鈴の形のグラス?

他にも食指を擽られるアイテムがたくさん・・・
愛好家の心を揺さぶるのが上手い?!?

30ha 分の畑の葡萄で生産、28万本/年
15ha を所有、15ha は古くからの付き合いの栽培家から

先ず試飲したのは・・・

Homage à François Hemard NV (写真失念 >_< )

François Hemard は Dom Perignon の時代の人

PN 70% Ch 30%

90% が Aÿ 村の葡萄
Aÿ の Argonne の森の木で作られた樽でエレバージュ

2009年主体、レゼルヴは 2007 & 2008年で 10 - 20 %
dosage : 6 - 7 g/L
全てのキュヴェでこのくらいのドザージュとのこと
MCR と sucre de canne の両方を使う

香ばしさがあって、厚みもある

Aÿ 村の特徴としては、塩っぽさがあるとのこと
200m の深さまでチョーク質の土壌
南向きの畑で果実の熟度が上がるので甘さがある

プレソワールは空気圧式のものを使っている

続いて・・・

140621HenriGiraud_5-1.jpg
Code Noir NV

PN 100%

エレバージュは 1年間樽で

80% 2008年、20% レゼルヴ

瓶の形はフルートグラスを逆さにした型
Pompadour 夫人が考案したらしい

次に・・・

140621HenriGiraud_6-1.jpg
140621HenriGiraud_7-1.jpg
Brut Aÿ Fût de Chêne MV

グレーのウレタン地のケースに瓶熟時に嵌っていた金具が埋め込まれている
これも愛好家の心を動かすねぇ

"MV" は "Multi-Vintage"、何年が入っているかは秘密 ^^
だが、10年分ソレラで熟成?

PN 75% Ch 25%

試飲したのは 2005年ベース
MLF あり
10 - 15% アルゴンヌ産の新樽でエレバージュ 1年
アルゴンヌの森は第一次大戦でも残った森で、樹齢も高い
瓶熟は 6年

500~600樽の生産

1990年がファースト・リリース、2000年まではヴィンテージで生産していたが、その後 MV に移行

続いて、2ヶ月前にリリースされたというこちら・・・

140621HenriGiraud_8-1.jpg
Brut Aÿ Fût de Chêne Rosé MV

PN 75% Ch 25%
10% 入れるコトー・シャンプノワは 2005年

オレンジやブラック・チェリーのニュアンス
複雑な香り

最後にもう1本開けてくれることに!
VIP担当だというお兄さん、太っ腹です ^^

140621HenriGiraud_9-1.jpg
Argonne 2004

PN 70% Ch 30%

dégorge : janvier 2014

フレッシュ!
酸がきれい

意外にも5種類も試飲させてもらい、おおきにでした!

Henri Giraud 訪問の後、二手に分かれ、帰国組はシャルルドゴールへ
今回もいろんな経験をさしてもらいました

'Equippe 若旦那' 最高です!!
次回もよろしくお願いします~
---------------------------------------------------------
今回で「シャンパーニュ紀行2014」を締めくくれました
帰国してから1年以上掛かってしまいますた ^^;

最後まで読んでくれた方々、お付き合いありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。