Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
G.Roumier 1983 会、再び
毎年恒例の1月ルーミエ会

毎年ドキドキしながら案内を待っているのですが・・・
今年の案内は6日の夜遅くでした
たまたま携帯の近くにいたので素早く反応!3番目くらいだったようでした ^^

今回は奇跡のヴィンテージ 1983年特集!

150126Roumier83_1-1.jpg
勢揃い!
4年前の 2011年以来の 1983年です
赤5本に加えて Corton Charmagne も!

先ずは、白から・・・

150126Roumier83_2-1.jpg
Corton Charlemagne 1983

色合いはゴールド
最初の香りに少し藁っぽさ
硬質な感じの香り
トロ味があって優しさもあるが酸はしっかり、その後アニスっぽい感じが前面に
時間が経つと、ナッツやカスタードの香りが出てきたのでした
若さがあるねぇ

続いて、赤へ・・・

150126Roumier83_3-1.jpg
Chambolle-Musigny 1983

エッジにオレンジの入った淡めのガーネット
甘やかで伸びやかなドライフルーツ
第一感は、果実が少しヘタッているかに思えたが・・・ 後に回復して全開となったのでした
飲み口の酸はやや鋭い
最後の方は、甘い紅茶のニュアンスが出てきました

現時点であれば、これが完熟だったのでしょうね

150126Roumier83_4-1.jpg
Morey-Saint-Denis Clos de la Bussières 1983

シャンボール村名と同じ色調もやや薄いか
果実は少し控えめ、土っぽさなのか?
おとなしい甘さ
やはり、一つだけ隣村なんやね、と言える香りの相違でした
最後に澱の部分をいただくと、キノコの香り満載で、甘い味わいとなっていたのでした

150126Roumier83_5-1.jpg
Chambolle-Musigny Les Amoureuses 1983

こちらは赤みが鮮やかなガーネット
やや閉じた感じだが、花っぽさがあるか?
フルーツを挙げれば、「苺」かな・・・ これは4年前も同じ印象だった模様

最後の澱は、ショコラでした

150126Roumier83_6-1.jpg
Clos Vougeot 1983

こちらは、やや薄めのオレンジ掛かったガーネット
あまり乾いていない甘い果実、透明感もある
ヒントに、ベルギービールを思い起こさせる香り・・・ Rodenbach ?
飲むと意外にタニック

150126Roumier83_7-1.jpg
Bonnes Mares 1983

色合いは、Amoureuses よりやや薄めも赤みは強いか
香水っぽさ、そして、チェリー
これも4年前の印象と同じ方向性
タンニンはしっかりあるようだ

4年前の前回コメントを見ると、似通った方向性で熟成度合いが少し違うだけの感じ
Roumier の 1983年の安定感とも言えるし、良い出所のワインであるとも言えるね

若旦那ストックでのこのラインナップはもう出来ないとのこと
最後のチャンスに来れてよかったです

落ち着いたところで・・・

150126Roumier83_8-1.jpg
鴨ご飯!

熟成したピノノワールには堪りませんな

ゆるりと飲んでいる間に、ブラインド!
今回はマグナムです ^^

エッジはオレンジ掛かったガーネット、明るいと言える色合い
最初はスルッと飲めるも、口の中でしばらく置くと・・・
タンニンはしっかり
酸は柔らかめで控えめで、甘みもある

グラスを伝うティアから見て取れる粘度としっかりと残ったタンニン、そして、言葉にし難いが、透明感がありつつも閉じた印象・・・
マグナムだけに古いミレジメでも若さが残るよね、と思いつつも・・・

選択肢は…

1-Gevrey-Chambertin, 2-Morey-Saint-Denis, 3-Nuits-Saint-Georges,
4-Beaune, 5-Volnay, 6-Pommard

今回は 「村名格のMG」 のヒントあり

ヴィンテージの方は・・・

1-1991, 2-1989, 3-1987, 4-1985, 5-1983, 6-1979

5-Volnay と 2-1989 を選択

正直、赤の村選択はまったく自信が無いので、ほぼ当てすっぽ状態 >_<
酸の雰囲気から 1987年と 1979年を除外
陽な雰囲気の無さから 1985年も外す
何となく透明感のある閉じ方から良年のミレジメを選んだのでした、マグナム効果は考慮せず

何とかミレジメは当てたいんやけどね~

結果は…

150126Roumier83_9-1.jpg
Joseph Roty, Gevrey-Chambertin 1983 MG

「なるほど」と思ってしまったが、選択するときには正しく選べないんやね・・・

正解者1名! おめでとうございます!!

「生産者は誰だと思います?」という問いかけに

「Rousseau は無いですよね?」と振った後に Joseph Roty と答えたら当たっていました ^^;
こんなこともあるんですね

来年は10年飛んで 1993年特集とのこと
Les Cras のファースト・ヴィンテージでもあるし、楽しみが続くね~

貴重な経験をおおきにでした!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。