FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Champagne忘年会 2014@日出鮓
いつも見ていただいている皆さま、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします m(_ _)m

あんまり更新できてませんが、今年もお付き合いください

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
例年のごとく、年末は日出鮓にてシャンパーニュで〆

毎回示し合わせることはしないのですが、今回はブランドブランが多かったかな?

141230泡忘年会_1
野菜炊いたん
続いては・・・

141230泡忘年会_2
五種盛り [手前から ミル貝炙り、鰤スモーク、煮ホタテ、数の子、鮪炙り]

鰤は大トロに相当するような部分とのこと、桜色が美しい
初めての味わい ^^

141230泡忘年会_3
勢子カニ

漁期が短いのでなかなか出合えませんが、今年は複数回いただけました ^^

141230泡忘年会_5
鰤焼き、鮪しょうが煮添え

マ・シェリの方は・・・

141230泡忘年会_4
シマアジかま焼き、鮪しょうが煮添え

香ばしく、ほっくりと

141230泡忘年会_6
小芋唐揚げ

シャンパーニュですから外せませんね

141230泡忘年会_7
握り開始!

141230泡忘年会_8
白エビ

旨味がしっかり

最初がイカでないのはレアかも

141230泡忘年会_9
シマアジ

順番が繰り上がってます

141230泡忘年会_10
イクラ

このプチプチ感、自分で作っても出せないんよね

141230泡忘年会_11
鮪ヅケ

赤ワインを呼ぶので、このタイミングで・・・

141230泡忘年会_11a
Egly Ouriet, Coteaux Champenois Ambonnay Rouge Vieilles Vignes Cuvée des Grands Côtés 2009

2009年としては薄めの色合いも、樽がしっかり効いている
ドイツのピノ、という意見も分かりますね

141230泡忘年会_12
鮪中トロ

141230泡忘年会_13
穴子

ジュウシーな味わい

141230泡忘年会_14
シマアジ スモーク

ここまでで握りは一巡り

141230泡忘年会_15
玉子

141230泡忘年会_16
干瓢巻

141230泡忘年会_17
鉄火巻

141230泡忘年会_18
キュウリ巻

141230泡忘年会_19
鯖と生姜の巻

こちらは初めていただくかも
ガリの酸味が面白い効かせ方

141230泡忘年会_20jpg
赤いカイワレ昆布〆

シャンパーニュの方は、先ずは恒例のブラインドから・・

冷たい状態での第一感は Pinot Meunier 100%
その後、シャルドネを感じて 1/3づつの均等ブレンド?な印象に移行
迷っていたが、温度が上がってきた頃にセパージュを尋ねられる
モノ・セパージュとの大きなヒントあり!

徐々に変化する印象に忠実に、シャルドネと回答・・・

141230泡忘年会_21
Henri Goutorbe, Brut Blac de blancs 1er Cru NV (右)

Ch 100%

一応正解

左は後で出された Henri Goutorbe, Brut Grand Cru 1993

PN 70% Ch 30%

こちらは結構熟成が進んでいて、深みのある味わい
仄かに漬物香はあったものの好印象

141230泡忘年会_22
Philippe Gravier, Brut Blanc de blacs "Folie de Gramat" NV Magnum

Ch 100%

Cramant の RM
マグナムのみの年400本の生産

141230泡忘年会_23
裏ラベル

クラマンのモノ・パーセル
樽熟だがクリアーな印象で香ばしさは控えめ

食中酒としてのポテンシャル高し!
また巡りあったら買っておきたいですね

141230泡忘年会_24
Dom Perignon 2003

若いながらもドンペリの主張はっきり

141230泡忘年会_25
Tarlant, Extra Brut Blanc de blancs "La Vigne d'Antan" 2000

2006年デゴルジュではあるが、比較的フレッシュな印象
まだまだ熟成しそうやね

141230泡忘年会_29
André Beaufort, Brut 1999

Ambonnay の NM

まだ若さを感じる
飲むと洋梨のジュのニュアンス

141230泡忘年会_27
Jacquesson, Extra Brut Blanc de blancs Avize Grand Cru 1996

Ch 100%

何度か飲んでいるキュヴェ
よい熟成を続けてますね

香ばしさと、しっかりと裏から支える酸味

141230泡忘年会_28
裏ラベル

Champ Caïn, La Fosse, Némery
の3つのパーセル、1962年と1983年に植えられたブドウ
石灰質の南東向きの斜面の下の方

2006年第2四半期のデゴルジュ
ドザージュは 3.5 g/L

141230泡忘年会_26
Charles Hedsieck, Brut Blanc de blancs "Blanc des Millenaires" 1995

Ch 100%

新しいデザインのボトルは初か
3年前のOld Champagne 会で旧ラベルを出しています

ハニーな香りも、やや若め?
新ラベルはデゴルジュの時期が後なのでしょうか? もう少し置いておいてもよいのかも知れませんね

141230泡忘年会_30
Dom Perignon 1995

先の 2003年とは8年差、さすがの存在感です

141230泡忘年会_31
Duval Leroy, Brut Cuvée des Rois 1990

さすがの 1990年、熟成した酸と果実味の厚みと存在感が半端ないです
あと数年は飲み頃が続くかな?

141230泡忘年会_32
Deutz, Brut Blanc de blancs 1989

こちらも綺麗な酸が印象的
安定したクオリティ ^^

そして・・・

141230泡忘年会_33
Jacques Selosse, Brut Blanc de blancs NV

dégorge : 2006 July

旧ラベルは久しぶりです

デゴルジュ後8年半ですが、意外なくらい若々しい酸と果実味
モカはこれから、という感じやね
これだけ置いといても、ちょっと早いの?

もう少し飲みたそうな雰囲気に後押しされて・・・

141230泡忘年会_34
Raphael et Vincent Bérêche, Brut "Côte" 1999 Magnum

ベレッシュのネゴス・ラベルは初めてです
厚みありながらも繊細さがよいですね

そして更に・・・

141230泡忘年会_35
Pierre Péters, Brut Blanc de blancs "Les Chétillon" 2006 Magnum

最後までゆっくりいただけず失礼してしまいました

2014年も大変お世話になり、堪能させてもらいました
おおきにでした!
今年もよろしゅーに!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。