FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014 Champagne 紀行 no. 5 ~ Gosset-Brabant à Aÿ
二日目の午後は Aÿ での訪問だったので徒歩で
近いとゆっくりできるねぇ

拠点からは1ブロックほどの距離、5分と掛かりません ^^

140618GossetBrabant_1-1.jpg
Gosset-Brabant
庭にはたわわに鮮やかな色合いの実をつけた・・・

140618GossetBrabant_2-1.jpg
cerises ^^

3種類くらいありましたが、どれも見事に実がついてます

レセプションでは、現当主の Christian Gosset 氏が迎えてくれました

最初にシャンパーニュ地方全体の説明

シャンパーニュ地方の畑の面積は 34,000 ha、南北 200 km、東西 180 km に広がっている
海洋性の安定した気候と乾燥して寒暖の差がある大陸性の気候の境目に位置している
降水量は 650 mm ほど (←正しいかな?)
日照時間は年間で 1650 hr、ちなみにブルゴーニュでは 1900hr ほど

3億年くらい前は海だったようで、2000万年前くらいに隆起
Bar は英国と同じ層で、1億5000万年前の石灰岩の層
Chablis は石灰と粘土質で、6000万年くらい前に堆積
Montagne de Reims モンターニュ・ド・ランス、Côte de Blanc コート・デ・ブランはチョークで 9000万年前の地層

そして、本題のドメーヌについて・・・

Gosset-Brabant は古い家族で、1531年から栽培を、1584年には3代目の Pierre Gosset 氏であった
Gosset-Brabant と名乗るのは祖父の代からで、1920~30年頃のこと

9.5ha のブドウ畑からシャンパーニュを作っていて、6ha が家族の所有で 3.5ha が借地
ブドウ品種での内訳は、5ha が Aÿ、4ha が Mareuil-sur-Aÿ と Dizy、残る 0.5ha が Chouilly
Aÿ のパーセルは南向きや東向きがあってキャラクタも違うとのこと

ドメーヌ全般の話を聞いた後、醸造設備を見せてもら

140618GossetBrabant_3-1.jpg
垂直式圧搾機

プレソワールは伝統的な垂直式で、3, 4人で 11時間くらい掛けて一日に 4,5回絞る
一回に掛かる時間は 2.5~3.5hr(洗浄、ブドウ投入・交換を含む)

デブルバージュは 1日、エマイユのタンクで
その後、INOXキューブに移して 8~10日間のアルコール発酵となる(酵母添加)

キューブはすべてINOXで二段構造(下 1/3ha 分、上 2/3ha 分)になっている
基本的に自然に任せて温調しないが、温度が上がりすぎた場合は水冷で冷やす

キューブでの内訳は・・・
1 cube ~ タイユ
1 cube ~ PM
3 cube ~ Ch (1er Cru, Aÿ G.C., Chouilly G.C.)
7 cube ~ PN (2-3 cube ~ 1er Cru, 3-4 cube ~ Aÿ G.C.)

MLFは 100% 行う
4月末にアサンブラージュ、瓶詰めは 2日間で、装置は業者から借りる
50,000本/年の生産量

140618GossetBrabant_5-1.jpg
計量器?

140618GossetBrabant_6-1.jpg
瓶熟中の Noir d'Aÿ

Aÿ のカーヴでは、メタルパレットに 500本入れて、ジロパレットでリュミュアージュ
マグナムは手でやっている

140618GossetBrabant_7-1.jpg
Christian Gosset 氏とリュミュアージュ中のマグナム達

140618GossetBrabant_9-1.jpg
リュミュアージュ中のボトルの中に透明なものが!?!

透明なマグナムボトルはお父上の代から使っているらしい

140618GossetBrabant_8-1.jpg
チョーク?

チョーク Craie は果実の熟成に不可欠だ、とのこと
1m3 のチョーク中に 400L の水が溜められるらしく、乾燥しない

いざなわれて地上に戻る ^^

140618GossetBrabant_10-1.jpg
レセプションに戻って試飲!

レセプションには興味深い資料がいくつも ^^

140618GossetBrabant_11-1.jpg
Les Sols à Aÿ ~ Aÿ 村の土壌

所有する畑の位置が書き込まれてますね

140618GossetBrabant_12-1.jpg
Aÿ・Dizy 村で所有する畑

Aÿ では Côte Faron と Loiselu (地図中の矢印より右下にシフトした青い色の区画)
Côte Faron は Jacques Selosse も所有していますね
チョークと重い粘土の土壌のようです

140618GossetBrabant_13-1.jpg
Chouilly 村で所有する畑

こちらの区画名は Sorangeon、土壌はチョークです

グラスを用意いただいて、先ずは・・・

140618GossetBrabant_14-1.jpg
Brut Tradition 1er Cru NV

70% PN ← G.C. も入っている
20% Ch
10% PM

2010年ベース(65%)で、2007 - 2009年をアサンブラージュ
キュヴェとタイユを使用

dosage : 8 g/L
dégorge : ?

フレッシュでフィネスを感じる
シンプルで飲みやすい

続いて・・・

140618GossetBrabant_15-1.jpg
Brut Rosé 1er Cru NV

ベースのワインは Brut Tradition と同じ
Aÿ 村の赤ワイン(2006年)を 10% アサンブラージュ

dosage : 8 g/L
dégorge : 2014.fevrier

泡が強い
チェリーっぽいニュアンス
タンニンをしっかり感じる

次は、ベースのワインが同じものを2つ同時に・・・

140618GossetBrabant_16-1.jpg
Brut Nature G.C. NV

140618GossetBrabant_17-1.jpg
Brut Réserve G.C. NV

PN 80% à Aÿ
Ch 20% à Chouilly & Aÿ

2007年ベースで、2002, 2004, 2005, 2006年をアサンブラージュ

dosage : 6 g/L (Réserve のみ)
dégorge : 2014.septembre

Nature は酸とミネラルが前面に出て、キリッとした印象
Réserve は調和が取れていてバランスも良い、こちらはミラベル、桃といった黄色い果実の印象

次は、このドメーヌのトップキュヴェ・・・

140618GossetBrabant_18-1.jpg
Brut 'Gabriel' G.C. 2006

85% PN à Aÿ
15% Ch à Chouilly

dosage : 5 g/L
dégorge : ?

Gabriel は祖父の名前
2004年は作ったが、2005年は作らなかった
2006年の後は、2008, 2010, 2012, 2013年と続く

Aÿ の畑は東向きの単一パーセル、Loiselu 0.5 ha
ちなみに、Chouilly の畑も東向き

バランスが良い
焼きリンゴのニュアンス

Chouilly についての印象を尋ねると、豊かな Cramant とミネラルの Avize の中間のような感じ、とのこと

最後は・・・

140618GossetBrabant_19-1.jpg
Brut 'Noir d'Aÿ' G.C. NV

100% PN à Aÿ

dosage : 4 g/L
dégorge : ?

Aÿ の畑は南~南西向きのパーセル、Côte Faron とプラスアルファ
NV 扱いではあるが、2004年から始めてからこれまでは毎回単一収穫年でつくっている
試飲したのは 2005年
2004, 2005, 2006, 2012, 2013年を作っている
このボトルでは記録し忘れたが、裏ラベルの "Lxxxxx" の下4桁がデゴルジュの年・月を示しているとのこと

チェリーや赤リンゴなどの赤果実の印象、酸もしっかり
タンニンも感じます
Christian 氏によると、「ブルゴーニュ的」なのだそう

最後に忘れていたドザージュの質問 ^^;
北フランス産の Bettrave を使うとのことでした

140618GossetBrabant_20-1.jpg
試飲したボトル達

おおきにでした!

レセプションの壁には・・・

140618GossetBrabant_21-1.jpg
140618GossetBrabant_22-1.jpg
樹脂っぽい凹凸のついたシャンパーニュ地方のポスター

モンターニュ・ド・ランス、コート・デ・ブランの斜面が良くわかりますね
お、Aube の Bar-sur-Seine と Bar-sur Aube も畑が広がってるゾ

まだまだいっぱい行くとこあるね~

最後に、「好きなだけスリーズ持って行っていいょ」と Christian 氏
庭の3種類をいただいて拠点に持ち帰ったのでした
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。