Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青野山を望む津和野城址へ
前日夜の思黙庵では遅くまでワイン談義に花が咲き、ついつい夜更かし・・・

翌朝はゆっくりしてチェックアウトぎりぎりで出発 ^^;

太鼓谷稲成神社への道の途中にある駐車場に車を止めて、リフトに乗って津和野城址へ
見てみたい特別な景色があったのでした

天守台跡に行く途中に出丸に登る道があり、そちらを進んでみる・・・

140503津和野_20-1
津和野城址から見る青野山
出丸からです

青野山は、いつも安野光雅美術館のプラネタリウムの前段の映像で見ていましたが、ここに来れば全景が見れたんね

140503津和野_21-1
140503津和野_22-1
津和野の町は青野山の麓の盆地に広がっているのです

140503津和野_23-1
青野山

何だか穏やかな姿 ^^

出丸から降りて、天守台跡に向かう・・・

140503津和野_24-1
天守台跡の石垣

140503津和野_30-1
140503津和野_31-1
青々とした葉が美しい紅葉

晩秋に来たら燃えるような赤に包まれるんやろね

140503津和野_25-1
三十間台

140503津和野_26-1
140503津和野_29-1
140503津和野_28-1
津和野盆地が一望できます

140503津和野_27-1
三十間台から南方の景色

石垣以外はあまり残っていないのですが、山城の割には天守台跡は開けていて、天気も良くて清清しい気分になったのでした
ここで星空を見上げたら、あのプラネタリウムみたいに満天星に手が届くような空なんやろねぇ

3回目の津和野にして初めて登りましたが、もっと早くに来とくべきやったと思ったのでした


おまけ:

津和野を出て山口方面へ戻る
「長門峡 道の駅」辺りで、JR沿いにカメラを構えた人達が集っています

SLやまぐち号が通るようですが・・・
あり?山口線は昨年7月末の豪雨で寸断されてたんじゃ・・・

どうやら全線開通は今年秋以降のようなのですが、津和野の手前まで走り続けていたのでした

よいタイミングで駐車場が空き、車を止めて線路沿いへ

汽笛を鳴らして走ってきた SL に満を持してシャッターを切ると・・・

140503津和野_32-1
SLやまぐち号

フロントをばっちり収めようと思ったのですが、ソフトシャッターのため、一瞬の遅れが >_<

本当はこんな感じを更にアップで撮りたかった・・・

140503津和野_33-1
マ・シェリからもらった画像

手堅いなぁ

欲張るとアカンということか ^^;
コメント
この記事へのコメント
蒸気機関車
今現在、鉄分はそんなに多くない拙ですが
小学生時分では寝台特急なぞに憧れていて
随分と鉄分の多い少年でした

梅小路の蒸気機関車も見に行きたかったと記憶してます
・・・今、思うと京都駅から歩いて行けるのですねぇ

てなことで
蒸気機関車との遭遇うらやましく拝見いたしました
後ろのディーゼル機関車はサポートなんですかね?
2014/05/14(水) 08:41:18 | URL | doniek #U4SAG3vM[ 編集]
doniek さん、毎度です
C57が引くと補助は要らないのですが、この機関車だとパワー不足なのだそうです
今年秋頃に山口線全線復旧となるようなのでまだC57の姿が見られるのでしょうね

以前はもっと鉄分が多かったのですね
私は随分減ってまだこのくらいですわ
2014/05/19(月) 22:51:56 | URL | y_chevere #UC6NxkAs[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。