FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sillon deTalbert ~ Côte de Granite Rose
Paimpol パンポルでプティ・デジュネの後、Sillon de Talbert シヨン・ド・タルベールを目指す

シヨン・ド・タルベールは、パンポルのある半島の西側にあって、ブルターニュ地方で大西洋に向けて最も北に張り出した場所
普段、陸につながっている、3km くらいの細長い Île Blanche イル・ブランシュ(“島”)が、満潮時に真っ青な海に囲まれて幻想的な姿になるとのこと
最高に潮が満ちると陸から切り離されるのか?

地元の人に聞いたお話だけを頼りに行ってみたのでした

1402Lamballe_50-1.jpg
Sillon de Talbert
残念ながら干潮のタイミングでした

あまり入念に調べないでふらっと行こう、という趣旨ではありましたが、潮のタイミングは見とかんとアカンかったね ^^;

真ん中辺り、小さく見える人が歩いている盛り上がった畝みたいなところが、Île Blanche です

1402Lamballe_51-1.jpg
1402Lamballe_55-1.jpg
1402Lamballe_56-1.jpg
薄青がかった灰色の空の下、Île Blanche を歩く

ブルターニュのこういう空の表情が好きです

1402Lamballe_52-1.jpg
1402Lamballe_54-1.jpg
干上がって現れる砂浜

蟹さんくらいいるかな?と探してみましたが、気配無し…

潮が満ちてくる気配はないですが、もう少し先まで行ってみませう

1402Lamballe_53-1.jpg
遠くの方に何か見えますね…

1402Lamballe_57-1.jpg
灯台でした

Île Blanche の先端かな?

1402Lamballe_58-1.jpg
戻る途中、シヨン・ド・タルベールの“付け根”の集落の方向を見やる

左側から右に入り込んでいる干潟いっぱいまで潮が満ちるんですね

絶景のタイミングは次回に取っておこう、と心に誓い(←大袈裟か)、もう一つ地元の人から聞いた見所に向かうことにしたのでした

次に向かうのは、さらに30km くらい西、Lannion ランニオンという町の北の小さな村、Trégastel トレガステルの海岸
ピンク色の海岸 'Granite Rose' グラニット・ローズへ

シヨン・ド・タルベールから幹線道路の D786 まで戻り、Trérier, Saint-Quay-Perros といった村を通って Trégastel に到着
正確な場所は聞いていなかったが、再び同僚の野性的な勘で海岸に近づく…

小さな砂浜のある入り江に到着!

1402Lamballe_59-1.jpg
Granite Rose

着いた場所が正しい場所だったのか?でしたが、ピンク掛かった色合いの大きな岩がゴロゴロと
ちょっと画像は暗くなってしまってます ^^;

1402Lamballe_60-1.jpg
1402Lamballe_61-1.jpg
干潮だったので、砂浜を横切って近づいてみました

1402Lamballe_62-1.jpg
不思議な形に削られた岩

入り江の向こう側に半島が見えていたので、そちらの方へ向かってみる…

水族館の近くに車を止めて海岸へ

1402Lamballe_63-1.jpg
赤み掛かった色合いの砂浜

1402Lamballe_64-1.jpg
1402Lamballe_65-1.jpg
上の方が大きい頭でっかちの岩が所々にありますな

左手の岩場に沿って海岸沿いを歩いて行けたので…

1402Lamballe_66-1.jpg
岩々と砂浜が、幾重にも奥行きのある景観を織り成す ^^

1402Lamballe_67-1.jpg
1402Lamballe_68-1.jpg
奇妙な形に削れた岩

かなり暗くなってきて…

1402Lamballe_69-1.jpg
1402Lamballe_70-1.jpg
大西洋に沈む太陽

荒々しい波が波しぶきを上げて砕ける様子を眺めてると飽きません ^^

そろそろ Lamballe ランバルに戻りませう

1402Lamballe_71-1.jpg
千畳敷のような平たく重なった岩

もう少し明るいうちに着ければよかったですが、勘に任せた楽しいドライブになりました
今度は潮が満ちてるときに行きたいね
コメント
この記事へのコメント
最後の写真は
宮崎県の鬼の洗濯岩に似ている様な気がします

ブルターニュと聞くと
シードルが飲みたくなりました
2014/04/24(木) 20:28:21 | URL | doniek #U4SAG3vM[ 編集]
doniek さん、コメントおおきにです
毎度です

シードル、カルヴァドス、スタウトをキープしていますので、ビール造りの時に飲みませう
今年は9月にした方がよいかもしれません
また相談しますね
2014/04/29(火) 13:36:33 | URL | y_chevere #UC6NxkAs[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。