FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1983 奇跡のミレジメ
旅行記の途中ですが、久々に「あのミレジメ」を飲む機会があったので、インターミッション的に…

場所は守谷のコワン・ドゥ・フルノー
O部長との新年会です ^^

「あのミレジメ」とは

140113CoinDeFourneau_1-1.jpg
Georges Roumier 1983
現当主 Christophe に代わって間もない頃ですね

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

お誕生日のお客さんがいらっしゃって、しばし待つ間にこちらを

140113CoinDeFourneau_2-1.jpg
リエット

牛久近郊で飼育された豚とのこと
やばい位にパンに手が伸びます ^^;

140113CoinDeFourneau_3-1.jpg
フレッシュなチーズに小さいトマトと黒オリーブ

定番のアミューズ ^^

前菜は…

140113CoinDeFourneau_4-1.jpg
シーザーサラダ、パルミジャーノ少なめ仕様

マ・シェリのセレクシオン

140113CoinDeFourneau_5-1.jpg
リンゴとロックフォールの冷たいポタージュ

これ、結構好きです

次は、温かい前菜…

140113CoinDeFourneau_7-1.jpg
エスカルゴ

私は…

140113CoinDeFourneau_6-1.jpg
サン・ジャック、蕎麦粉のガレット添え

マ・シェリは赤に合わせたメインを…

140113CoinDeFourneau_8-1.jpg
鴨のコンフィ

やや強めの焼き
ジュワッっと美味しい

白を狙っては…

140113CoinDeFourneau_9-1.jpg
タラの白子

酸味のエッジが効いた味わい、意欲作ですね!

赤が素晴らしかったので、鴨のコンフィが正解だったか?

140113CoinDeFourneau_10-1.jpg
アヴァン・デセール ~ ゆず・Yuzu・柚子

140113CoinDeFourneau_11-1.jpg
リンゴのデセール

140113CoinDeFourneau_12-1.jpg
栗のティラミス

仄かに栗が香る?

デセールに合わせて、シェフからの差し入れ ^^

140113CoinDeFourneau_13-1.jpg
140113CoinDeFourneau_14-1.jpg
Senhora do Convento 1996

おおきにです!

140113CoinDeFourneau_15-1.jpg
ミニャルディーズ

〆は、やはり

140113CoinDeFourneau_16-1.jpg
アンフュージョン

さて、飲んだのはこんな感じ…

140113CoinDeFourneau_17-1.jpg
Laherte Frères, Extra-Brut Les Vignes d'Autrefois Vieilles Vignes de Pinot Meunier 2008

PM 100%

ここのフラッグシップ的なキュヴェか

やや尖った酸味で始まる、徐々に酵母っぽさ、香ばしさが出てきて、味わいも円やかに
マロラクティック発酵してないんね
酸の筋が通った奥に、豊かな果実味がチラリちらり
熟成すれば表に出てくるかな?

140113CoinDeFourneau_18-1.jpg
裏ラベル

Chavot と Mancy にある 1947年と 1964年に植えられた区画
Mancy は Chavot の南 3kmくらい

固い石灰の上の、粘土・小石・シレックスが混じった粘土・泥質の土
バリック 100%

dosage : 2-4 g/L
dégorge : 2012. jan

是非しばらく置いておいて飲みたいね

白はO部長の秘蔵で…

140113CoinDeFourneau_19-1.jpg
Jean Dupont, Meursault 1961

なんと! 1961年

開けたては、熟成でいろんな要素が弱くなっているのかと思いきや、徐々に本領を発揮
香ばしいナッツや、仄かなヴァニーユな香りも
意外に若さを感じる味わいと香りでした、恐るべし

そして、この日のトリに…

140113CoinDeFourneau_20-1.jpg
抜かれたコルク

途中から折れてしまいました >_<
が、無事最後まで抜けてくれたのでした、ふーっ

パニエからやんわりと注いでもらって…

140113CoinDeFourneau_21-1.jpg
140113CoinDeFourneau_22-1.jpg
Georges Roumier, Morey-Saint-Denis Clos de la Bussière 1983

もはや伝説と言っても過言ではない、ルーミエの 1983年
80年代の他の良年のルーミエを飲んでも、この年ほど当たりに恵まれることはないので、「奇跡」と思ふ

透明感のある赤系のドライフルーツ
やや土っぽいところがあるのは、モレの所以かな
香りを楽しんでいると、何とも言えない空中を漂っているかのような印象を受けるのは自分だけか?
柔らかな酸味と、僅かに甘みを残した味わいのバランスが素晴らしい

再び良い状態で飲むことができてよかったねぇ
マ・シェリは、初のルーミエ83だったのでした

140113CoinDeFourneau_23-1.jpg
飲んだワイン達

今回もおおきにでした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。