FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の名残りの土瓶蒸し
今年は豊作だと言われた松茸ですが、普段家では口にすることもなく実感はありませんでした
で、豊作だったかどうか、ですが、実際はどうだったのでしょうね

秋が深まるのを前に、何とか今年も土瓶蒸しにていただくことができました ^^
感謝!

場所はもちろん…

131104日出鮓_1-1
日出鮓
先ず始めは…

131104日出鮓_2-1
鯛の子炊いたん

優しい味わい ^^

そして、いつもの…

131104日出鮓_3-1
五種盛り[イカ金山時味噌和え、煮牡蠣、蒸し鮑、煮ホタテ、数の子]

何が盛られるのか楽しみですね

シャンパーニュのお供として…

131104日出鮓_4-1
小芋の唐揚げ

欠かせません

そして…

131104日出鮓_5-1
土瓶蒸し

薫り高し!

酢橘をやんわり搾って

131104日出鮓_6-1
中身

海老に鱧、最後の楽しみやね

131104日出鮓_7-1
握り開始!

ですが…

131104日出鮓_8-1
菊菜とえのきの和え物

じんわり滋味深し

131104日出鮓_9-1
剣先イカ

ハラリと

131104日出鮓_10-1
グジ昆布〆

131104日出鮓_11-1
シマアジ

この日も3番目

131104日出鮓_12-1
小柱

今年は何回か出会ってますね
しゃっきりした食感が良いね

131104日出鮓_13-1
煮蛤

旨味がジュワ~

131104日出鮓_14-1
蝦蛄

こちらでいただくと、ジュースィー ^^

131104日出鮓_15-1
マグロ漬け

赤ワインを呼びますが、今日は自重 >_<

131104日出鮓_16-1
コハダ

ややスモーキィ

131104日出鮓_17-1
カスゴ

かなり好きなアイテム

131104日出鮓_18-1
マアジ

トロリと脂が乗ってました

131104日出鮓_19-1
イクラ

このプチプチの食感、到底近づけませんね

131104日出鮓_20-1
ウニ

産地失念しましたが、瀬戸内のものの色合い

131104日出鮓_21-1
煮穴子

柔らか~

131104日出鮓_22-1
シマアジ スモーク

〆に近づきました

131104日出鮓_23-1
玉子

131104日出鮓_24-1
鉄火巻

131104日出鮓_25-1
貝割れ昆布〆

これにありつけると幸運です ^^

今回も、土瓶蒸し以下、堪能いたしました

飲んだのはシャンパーニュ中心
って、いつもですかね?

先ずは、先入観無しってことで…

黒ブドウ8割くらい?な厚み
ドザージュは少し多めに感じる
酸はしっかりしていて美しい

131104日出鮓_26-1
Guy Thibaut, Brut Tradition NV

PN 80% Ch 20%

やはりヴェルズネィでしたか!

ミネラルもしっかり感じて素晴らしい
作り手の力量もさることながら、畑の力もあるんでしょうね

開けたてはフレッシュ、その後飴細工っぽさも出てきました

131104日出鮓_27a-1
ミュズレとコルク

8種類ある8番目、デギュスタシオン

続いては、2年前に訪問したときに当主がデゴルジュして飲ませてくれた…

131104日出鮓_28-1
Agrapart, Extra-Brut "Complantée" NV

Ch
PN
PM
Arbanne
Petit Meslier
Pinot Blanc

"Vénus" と同じ Avize 村 La Fosse の区画にこれらの品種を紺植、と当主から説明受けたように思ふ

ハニーっぽさ、スミレのような花の香り、洋梨のジュ


131104日出鮓_29-1
裏ラベル

消えていますが、デゴルジュは 2013.jan

複数品種のブレンドの後は…

131104日出鮓_30-1
Fleury, Extra-Brut "Sonate n.9" NV (2009)

PN 100%

Fleury フルーリィは Aube オーブ県 Courteron クルトゥロンにある NM

Sans soufre 亜硫酸塩無添加で瓶詰めされたキュヴェで、生産本数 4,155本
2009年の果房の良さもあったとのこと

果実味の厚みと圧倒的なミネラル感
ブランドノワールとしては酸もたっぷりあって、余韻も素晴らしく長いです

毎年作れると良いのになぁ

131104日出鮓_31-1
裏ラベル

是非また飲みたいと思わせるシャンパーニュでした

お次はレアなキュヴェをミレジメ違いで同時に…

131104日出鮓_32-1
Francis Boulard, Extra-Brut Millesimé 1996 & 1997

Caoroy-lès-Hermonville の NM
Caoroy-lès-Hermonville は Reims の北西10kmほど

Ch 60% PN 20% PM 20%

131104日出鮓_33-1
裏ラベル

dosage 1996 : 0 g/L
1997 : 3 g/L
dégorge 1996 : 2011 avril
1997 : 2011 mars
vendange de comète 1996 : Hyakutake
1997 : Hale - Bopp

自然発酵
最も若い木の樹齢で 30年

何と言っても特徴?は、その年に巡って来た彗星の名前が入れられていることか

どちらもやや進んだ印象
落ち着きのある味わい
黒ブドウのお蔭もあって、バランスの取れた果実の厚み

前に 2006年のブラン・ド・ブランを何度か飲んでいるが、スタイルが随分違うように感じる
その間の代替わりで造りが変化したのかなぁ
引き続き検証したいですね

シャンパーニュだけでなく、日本酒もいただいてまふ ^^;

131104日出鮓_34-1
131104日出鮓_35-1
三芳菊 袋吊り生原酒

ギター女子?のラベルというポップな日本酒

徳島県の酒蔵のようです

香り高いです

131104日出鮓_36-1
飲んだシャンパーニュ達

この日も面白く楽しい試飲となりました
お付き合い、おおきにでした!

この日は友人の誕生日直近だったので…

131104日出鮓_37-1
サッカーボールを模したケーキに、シャンパーニュの蝋燭!

131104日出鮓_38-1
取り分けてもらっていただきました

お祝いということで、シャンパーニュのブラインド…

どこかで飲んだことのあるようなミネラル感
酸もしっかりあるが、鋭角てきではなく非常に良い出来のブランドノワール?
ということは…

131104日出鮓_39-1
Vouette et Sorbée, Extra-Brut "Fidéle" NV (2009)

PN 100%

おぉ、何となくですが予想通りでした

131104日出鮓_40-1
裏ラベル

ここの 2009年はブランドブランも含めてレベルが高いですね

最後まで堪能しました、おおきに!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。