Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
納得のカボチャの種 ~ 守谷例会再び
旅行記2013 を終えたので、普段の記事に戻ります ^^

今年も恒例の秋のビール造りを敢行!
それ自体は次の記事の予定ですが、ビールを仕込んだ日の夜、昨年も開催した拡大守谷会をコワン・ドゥ・フルノーで
今年は新たにビール造りに来た京都の友人も参加してくれました!!

皆が揃った後、最初に出されたのはシェフからの“正しい”あの品…

131012CoindeFouneau_1-1.jpg
カラメリゼされたカボチャの種
シェフが修行されていたアルザスの L'Arnsbourg で出されるアミューズです

注意深くカラメリゼされ、焦げた感は無し
しっかり塩をすることが重要とのこと

シャンパーニュに合いますね ^^

かなりのハイレベルで出来上がってますが、逆に本家まで持参して見せ付けるか?? ← 冗談です ^^;

次は定番で…

131012CoindeFouneau_2-1.jpg
アミューズ

フロマージュ・ブランにオリーブとプチトマト

続いてはスペシャルで…

131012CoindeFouneau_3-1.jpg
牡蠣のグラタン

ライム、牡蠣のジュ、シャンパーニュ、泡立てた卵黄

シャンパーニュはこの日開けた中で、シェフが選ばれたものを
どれだったかは、後ほど ^^

フレッシュな牡蠣のクリーミィさとライムとシャンパーニュの酸味がよかったですね

スープもスペシャル…

131012CoindeFouneau_4-1.jpg
焼き栗のスープ、セップ入り

焼き栗のスープ自体は今では定番になってますが、セップの旨味が格別ぅ~
この最終形に達するのに何年も掛かったとのこと
栗は年一回しか出回らへんからね

続いては…

131012CoindeFouneau_5-1.jpg
フォアグラとセップのフリカッセ

改めて思いますが、イチジクとフォアグラって良い相性やね

10月に入ったので、ジビエを準備してもらって…

131012CoindeFouneau_6-1.jpg
ピジョン・ロティ、蕪、ザワークラウト揚げ、じゃが芋のスイートポテト

鳩です ^^
南ローヌの素晴らしいワインと合わせてもらいましたが、確りと濃いエッセンスでした

ザワークラウト揚げは面白いね

デセールの一つめは…

131012CoindeFouneau_7-1.jpg
フロマージュ・フォール

フルムダンベール、カマンベール、カルヴァドスで洗ったウォッシュ、シェーブル加えてを焼いている
複雑な香り

131012CoindeFouneau_8-1.jpg
デセール盛り合わせ

ライムのスフレ、ガトー・フランボワ、ピスターシュのアイス

スフレには漏れなくラムを ^^

〆は…

131012CoindeFouneau_9-1.jpg
アンフュージョン

欠かせません

131012CoindeFouneau_10-1.jpg
プティ・フール

この日も堪能しました、おおきに!

で、飲んだワイン達ですが…

131012CoindeFouneau_11a-1.jpg
Maximin Grunhauser, Sekt 2009

すっきりとした酸味
7名での会なので、最初に喉を潤していただくために

シャンパーニュは同じ作り手で3種…

131012CoindeFouneau_11-1.jpg
André Clouet, Silver Brut Blanc de noirs Nature NV

PN 100%

ドザージュのないタイプ
牡蠣のグラタンに加えるシャンパーニュとして、シェフの選択はこちらでした

デゴルジュの日付はありませんが、購入後5年以上経過しているとのこと
複雑で落ち着いた香りと味わい、ノンドゼでも素晴らしい熟成を遂げた例ですね

131012CoindeFouneau_12-1.jpg
André Clouet, Brut Blanc de noirs NV

PN 100%

こちらはドザージュのあるキュヴェ
上のシルバーブリュットと同時期の購入とのことなので、デゴルジュ後の年数はほぼ同等と思われるが、
さほど傑出した感はない…
ちょっとしたタイミングやろかね?

131012CoindeFouneau_13-1.jpg
André Clouet, Brut Blanc de noirs "ALFARO" NV

PN 100%

スペインのヴィニュロン、Telmo Rodoriguez テルモ・ロドリゲスがプロデュースする "Matador" シリーズ
ソーテルヌ樽で熟成したワインを使用

白は、O部長からブラインドで…

ムルソーと言えなくもないナッティな香り
酒躯の厚みこそヘヴィー級ではないが、かなりのレベルの味わいと香りの複雑さ

答えは…

131012CoindeFouneau_14-1.jpg
Leroy, Bourgogne Blanc 1999

何と!レジョナルでしたか!!
14年目に入った熟成を経て、立派なワインに仕上がってます
O部長、おおきにです

続いて、ジビエに合わせる赤ワインを…

131012CoindeFouneau_15-1.jpg
Château Vignelaure 1982 MG

Cabernet Sauvignon 70%
Syrah 25%
Grenache 5%

Rians リアンのドメーヌ、リアンは Aix-en-Provence エクサンプロヴァンスの北東 20km
セパージュはドメーヌのHPから転載です

深みがあって、ドライフルーツ系の熟した果実
酸がしっかりしているので、南のワイン特有の野暮ったさは皆無

一つブラインドで…

今年春先に出回った Dijon 市役所の在庫のオークション品とのこと
空輸のはずです

皆さん、有識者ですが、Côtes de Nuits, Chambolle-Musigny の一級くらいというご意見が多かったようです
答えは…

131012CoindeFouneau_16-1.jpg
Michel Lafarge, Volnay Vindanges Sélectionées 1991

Beaune 地区でしたね

1991年という年から予想していたよりは、少し濃い色合い
綺麗に熟成していてくれました

デセールに合わせては…

131012CoindeFouneau_17-1.jpg
Egly-Ouriet, Ratafia

何故かトマトっぽいヒント
飲むと仄かにブドウ由来の味わい

またいろいろ食べてみたいと思います
今回もおおきにでした!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。