FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
Coin du Fourneau 再訪 ~ 予習シリーズ 其の7
再びインターミッション ^^;

------------------------------------------------------------------------

'Équippe 若旦那' のO部長と、地元のフレンチ Coin du Fourneau を再訪

今回も予習を兼ねて ^^
こちらで開始です!

120608コワンデュフルノー_2-1
Jerôme Prévost, Extra-Brut La Closerie fac-simile Rosé NV (LC07)
Gueux の RM、ギューはランスの西8km

昨年3月に購入したもの

PM 100%

ピノ・ムニエのブラン・ド・ノワールに、ピノ・ムニエの赤ワインをアッサンブラージュして作られるらしい

ピンクというよりは、ややオレンジが入った色合い
こなれて熟成のはしりのある柔らかく甘い香り、アッサンブラージュならではなんでしょね
ミネラルしっかりで、バランスのよい味わい

決してネガティブではありませんが、思っていたよりは熟成が進んだ感じでした

120608コワンデュフルノー_3-1
裏ラベル

Nr. 978, 生産量 2,800 本

現地で飲んだらどんな感じなんやろね?

料理の方は、先ず・・・

120608コワンデュフルノー_1-1
フロマージュ・ブランのアミューズ

120608コワンデュフルノー_4-1
リエットとコルニッション

シェフからのサービス ^^
おおきにです

120608コワンデュフルノー_5-1
ロメイン・レタス、パルメザン・チーズのシーザーサラダ

マ・シェリの選択

120608コワンデュフルノー_6-1
イベリコ豚生ハムで巻いたフォアグラ、マンゴーチャツネを添えて

濃厚な味わい

続いてのシャンパーニュは・・・

120608コワンデュフルノー_7-1
Jacquesson, Brut Avize Blanc de blancs Dégorgement Tardif 1990

こちらはフランスから直のロット

温度低い立ち上がりは、青リンゴっぽさすら感じる若い雰囲気
温度上昇と共に、香ばしいニュアンスとハニーな香り
鋭さこそ控えめにはなっているものの、しっかりとした酸
ちょうど飲み頃と言えるのではないでしょうか

120608コワンデュフルノー_8-1
裏ラベル

dégorge : 2008 juillet
dosage : non dosé

これに合わせて温かいオードブル・・・

120608コワンデュフルノー_9-1
白アスパラガスと天使のエビのフリット

酸味の効いたソースがボン・マリアージュ

折角、O部長を迎えているので、ちょっと古めの赤を・・・

120608コワンデュフルノー_10-1
Mongeard-Mugnuret, Grands-Echezeaux 1983

色合いを見ると、ちょっと危ないのでは、と思わせる、退色したガーネット
抜栓直後こそ、僅かにシェリーっぽさがあって、逝ってしまったかと危惧しましたが、
時間が経つにつれ、煮詰めた赤果実に、ほんのりと焦がしたような香ばしさも
味わいは、ドライフィニッシュではあるが、ドライフルーツっぽい果実味もあって上々 ^^
タンニンはほとんど削ぎ落とされた感じでした

120608コワンデュフルノー_11-1
"Haas" ? なのか?

120608コワンデュフルノー_12-1
瓶の底に溜まった澱

マ・シェリも赤ワインの新境地だったようです

メインの肉料理の方は・・・

120608コワンデュフルノー_13-1
豚ロースの低温ロースト、ソース・ピサラディエール(オリーブ、アンチョビ、トマト)

トリュフは番外編で ^^
ふたたび、おおきにです

120608コワンデュフルノー_14-1
牛フィレ肉のポワレ、マディラ・ソース黒胡椒風味

柔らかく、絶妙の火入れ

デセールは二本立て

120608コワンデュフルノー_15-1
フロマージュ・ブラン、浅葱とエシャロット・塩と胡椒で

ほぅ、こんな味わいも良いですな

120608コワンデュフルノー_16-1
フロマージュ・ブラン、フランボワのアイス

120608コワンデュフルノー_17-1
スフレ、フランボワ・ソース

120608コワンデュフルノー_18-1
ババ

ラム酒を掛けていただきますが・・・

120608コワンデュフルノー_19-1
どれにしようかな?

120608コワンデュフルノー_20-1
Barbancourt pango

Haiti のラム
パイナップルとマンゴを合わせた名前

今回もゆっくりと楽しむことができました
徐々に定例会になってきてます ^^
おおきにでした!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
再びインターミッション ^^;------------------------------------------------------------------------
2012/06/13(水) 05:55:43 | まとめwoネタ速neo
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.