FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
鰻の焼き方違い
今年は土用の丑に食べるチャンスを逸した鰻

焼き方違いで味わってみませんか、とお誘いを受け現場に急行
烏丸六角から東へと歩を進める

20100815なかじん_1-1
六角堂
[鰻の焼き方違い]の続きを読む
身体を張った試飲の手伝い
忙しい中、身体を張って試飲をされている若旦那を助けるため
10名の志ある仲間が集結! って飲んでみたい気持ち先行か
そら、そんなお誘い受けたら行きまっせ~

折りしも京都では五山の送り火

20100816試飲会_1-1
「妙」 de 妙法 ( 20:20過ぎ )
[身体を張った試飲の手伝い]の続きを読む
Bel Echo 再訪
国立新美術館で Man Ray 展を見た後、久しぶりに信濃町のフレンチ Bel Echo へ

シャンパーニュな気分につき、ちょっと気合を入れて・・・

20100808BelEcho_2-1.jpg
Jacques Selosse, Extra Brut V.O. NV, Avize
[Bel Echo 再訪]の続きを読む
Addis Ababa 2 アディス・アベバ 其の弐
ラリベラ滞在を終えるとエチオピアの旅も終わり・・・ アディスに戻ってバンコク経由で帰国となる

最後の教会を見終わってガイド氏と別れ、エチオピア航空のオフィスへ
前日にも確認していたのであるが、
フライトスケジュールが時折変更になるので念のため、と

確認お願いすると、「明日朝の便はキャンセルになりました」とあっさり返答される

ん、ヤヴァいやん?!?

すると、間を置いて、「午後の便に変更してありますので」とのこと
おー、何とかアディスには行けるのね
夜中のバンコク行きに乗らないといけないので助かった ^^;
ちょっとスケジュールに余裕無さ杉だったか

翌日、絵はがきを投函するために郵便局へ
しかし、移転中らしく出せず
宿の兄ちゃんに頼んで出してもらうことにした

昼前に乗り合いピックアップで空港へ、国境に近いアクスムとは違いのんびりした雰囲気
午後便はアクスムから来るので、機体到着待ち
予定通り着陸し、レトロな機械音を響かせて近づいてくる

Addis_27-1.jpg
Fokker
[Addis Ababa 2 アディス・アベバ 其の弐]の続きを読む
Lalibela 4 ラリベラ 其の四
Ashetan Maryam 修道院から戻って一休み、何やら激しい雨音が聞こえてきた
エチオピア北中部が雨季に入りかけていた5月初旬からときどき降りはじめたらしい
しばらくして、シトシトとした雨に変わって、午後1時過ぎには止んでくれた

昼食後、南側の教会群を見に行く

Lalibela_98-1.jpg
Bet Gabriel-Rufael
[Lalibela 4 ラリベラ 其の四]の続きを読む
Lalibela 3 ラリベラ 其の参
翌日はラリベラの村から7kmほど離れた山の上にある修道院 Ashetan Maryam を目指す、標高は 3,150m とのこと

かなり険しい道で2時間くらい掛かるのと、午後に天候が不安定になるため朝早めに出発することにする

Lalibela_85-1.jpg
目指す山、右端辺りに Ashetan Maryam
[Lalibela 3 ラリベラ 其の参]の続きを読む
Lalibela 2 ラリベラ 其の弐
Bet Golgotha & Bet Mikael の脇を西の方へ抜けると、かつては北側の教会群への入口であった場所に出る

Lalibela_47-1.jpg
Tomb of Adam

[Lalibela 2 ラリベラ 其の弐]の続きを読む
Lalibela 1 ラリベラ 其の壱
アクスムを後にして最後の目的地、Lalibela (ラリベラ) へ向かう
ラリベラには、12世紀から作られた11の岩に彫られた教会がある

本当なら陸路でバスを乗り継いで行きたいが、ちょっと不便なロケーション
道もあまり良くないらしく、2日かかるとのことで断念、空路にて
飛ぶと50分ほどで着いてしまうのだ

空港には機体は無く、予定時刻から少し遅れてからやってくる
パラパラと数人の到着旅客を降ろすと、我々搭乗客が徒歩でボーディングとなる、もちろん自由席!

快晴で眼下に広がる赤茶けた大地を眺めていると、落ち着いた頃には降下開始のアナウンス
山に囲まれた小さなラリベラの空港に着いたのでした

到着ロビーまで歩いて行くと、ラリベラの村にあるほとんど全ての宿の名前が並ぶ長机の簡易ブース・・・
予めガイドブックで見ていた2つくらいの宿の席にいた人に値段聞いて決める
後で分かるのだが、宿の人で無いこともあって、その場合はガイドが代役をやってたりする

宿を決めると、今度はガイドが数人やってきて売り込んでくる
ちょっと面倒くさいが、ガイドたちの(こちらにもアピールするように)英語でのやり取り聞いてると
各人の性格などわかって面白い

到着客で個人旅行は10人程度、それぞれ宿を決めたようでミニバスで宿の人たちと村へ向かう
この日は乗ってきた便が最後だったようだ(一便だけ?)

空港から村へは23kmと遠い
古い道は近道だったらしいが、細く雨に弱かったらしく、遠回りでもちゃんとした舗装道路が作られたようです

宿に荷物を置いてビジターセンターへ
ビジターセンターは昨年遺跡の隣に移ってきたようだ

ラリベラの教会は北側に6つ、南側に5つと、二つのグループに分かれている
チケット (Birr 300) を購入し、ラリベラ教会の取り組みのビデオ?を見てから、北側の最初の教会へ


Lalibela_79-1.jpg
Bet Medhane Alem
[Lalibela 1 ラリベラ 其の壱]の続きを読む
Axum 4 アクスム 其の四
Tomb of King Kaleb & Gebre Meskel からもと来た道をオベリクス群の方へ戻る

Axum_86-1.jpg
Queen of Sheba's Bath
[Axum 4 アクスム 其の四]の続きを読む
Axum 3 アクスム 其の参
長いこと中断してましたが、エチオピア再開します ^^;

Axum 郊外を訪れ、もう一晩明かりのない停電の夜を過ごした翌日は Axum 市内を散策
町はそれほど大きくないが、遺跡がかなり広範囲に散らばっている

東西に細長く伸びる町の中心部の北側、オベリスク聳え立つ場所へ・・・

Axum_112-1.jpg
Nothern Stelae Field
[Axum 3 アクスム 其の参]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.