FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
200811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200901
瞑想する老人
パキスタン・ラホールからインド側に国境を越えたところの町、アムリトゥサール
ターバンがお馴染のシーク教の聖地です (1995.June)

Amritsar1-1.jpg

an old man meditating in Harmandir Sahib (Golden Temple), Amritsar, India

寺の外の喧騒とは異空間、大勢の人が礼拝に来ていますがゆったりとした雰囲気
老人の前の池?をぐるりと廻るようにしてお祈りするところに着きます

一周して戻ってくるまでの間、じっと瞑想されておりました
オレンジピールのかほり
以前、香りが熟したブルゴーニュ通じるところあり、と教えてもらって以来大好きになった銘柄

Orval1-1.jpg

Orval, Brasserie de l'AbbayeNotre-Dame d'Orval
[オレンジピールのかほり]の続きを読む
Boon Franboise 2004
和な気分で飲んだ後、デザートをいただいたので・・・

BoonFranboise-1.jpg

Boon Franboise 2004

デザートのドルチェにビール?という感じかもしれませんが、香りは木苺満載
本物を漬け込んでいるのでしょうけど、爽やかでフレッシュな香り
飲み口は酸もあるので決して甘い甘い訳ではありませんが、口の中をリフレッシュしつつ木苺の香りを楽しめてなかなかのマリアージュでした ^^
Jacquesson Cuvee no 732
会社の後輩達と忘年会のようなクリスマスパーティのような集まりを

Jacquesson732-1.jpg

Jacquesson, Brut Cuvee no 732
[Jacquesson Cuvee no 732]の続きを読む
Avec les Bons Vœux & Westmalle Tripel
Réveillon に相応しい飲み物をと・・・
といっても晩餐という訳ではないですが ^^;

BonsVoeux-1.jpg

Avec les Bons Vœux
[Avec les Bons Vœux & Westmalle Tripel]の続きを読む
Ch.Devise d'Ardilley 1999
ふらりと立ち寄ったブラッスリー・ブションで立ち飲み
ハウスビールの Bass PaleAle をいただいた後、ボルドーワインを試飲させてもらいました

DeviseDArdilley-1.jpg

Ch.Devise d'Ardilley, Haut-Medoc 1999
[Ch.Devise d'Ardilley 1999]の続きを読む
干し柿!
空いてる畝に残りの玉ねぎを植えた後、干し柿の準備

干し柿-1

皮剥いて、湯通しして、柄に糸を引っ掛けて吊るしました
[干し柿!]の続きを読む
Boon Kriek & Boon Oude Kriek
ボーンのクリークとアウドゥ・クリークを飲み比べ

Boon-1.jpg

Boon Kriek & Boon Oude Kriek
[Boon Kriek & Boon Oude Kriek]の続きを読む
Davy Sicard "Papillion"
このところよく聴いている RFI (Radio France Internationale) で流れていた曲



Davy Sicard "Papillion" (Sep. 2008)
同じ曲がYouTube にあったのでリンクしておきます

Davy Sicard はインド洋マダガスカルの東に浮かぶフランス領の島、Ile de la Réunion(レユニオン島)の出身、
アフリカっぽさよりカリブのゆったり系の音楽を連想させます

RFI ではHPの 'écouter rfi' から 'rfi Monde'(ニュース)や'rfi Musique'(音楽)が聞けます ^^

青い澄んだ海でゆくりしたいなぁ
J.Laurens, Crémant de Limoux 2006
軽やかな泡が飲みたくなって開けてみました・・・

Laurens-1.jpg

J.Laurens, Crémant de Limoux Les Graimenous Brut 2006

[J.Laurens, Crémant de Limoux 2006]の続きを読む
El Maestro Sierra
お世話になった先輩の異動に伴う懇親会の後、以前連れて行ってもらったバーを再訪・・・

savoy1-1.jpg

Bar SAVOY Osaka、肥後橋と淀屋橋の間くらいにあります
[El Maestro Sierra]の続きを読む
Bordeaux 1986 の会
例年12月は直近のGrands vins の飲み比べが恒例の串幸さんでの会、今年は2005年の番ですが、
ミレニアム暴騰の2000年の時と同じく価格高騰にて断念・・・

緊急企画は素晴らしいヴィンテージと評価の高い1986年の飲み比べ

Bordeaux86buchons-1.jpg

立派なコルク達、ワックス塗られたものもありません
[Bordeaux 1986 の会]の続きを読む
Paul Bara, Brut Reserve NV
しっかりしたシャンパーニュの気分で・・・

PaulBara-1.jpg

Paul Bara, Brut Reserve NV, Bouzy

ブジー村のRM
セパージュは ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%

白い花、洋梨系の香りで立ち上がり、だんだんと赤リンゴの方向へ、ピノが主張し始めてきます
あとイーストっぽい香り
飲むと、しっかりした果実の存在感、厚みがあります
ドサージュではなく熟した果実の甘さ、温度が上がってきてもバランスの良い酸があり
ブジー村の力でしょうか?

このレゼルブ、白いラベルとこのボトルのように濃い緑の帯で縁取られたのがあるようですが、何かが違うんやろか・・・
Robert Sirugue, Bourgogne Pinot Noir 2002
少し古めの bourgogne rouge を・・・

Sirugue02-1.jpg

Robert Sirugue, Bourgogne Pinot Noir 2002

ヴォーヌ・ロマネ村の作り手です

8ヶ月前にも飲みましたが、その時は温度が低かったようで、酸が立ってて甘い香りが低く華やかさが今一つでしたが・・・

最初は鋭めの酸が前面に出ていましたが、抜栓してからゆっくりと温度を上げると
甘い赤系果実の香り、ちょっと黒系のニュアンスも混ざり複雑、僅かではありますが熟成香のはしりも・・・
口の中でゆっくり転がすとしっかりした酸の次に細かなタンニンが・・・結構要素があったのでした

このボトルが最後なのは残念
サトウキビ・ジュース屋のおやじ
インドのニューデリー駅から続く Paharganj 地区、バザールから入った常宿近くのサトウキビ・ジュース屋のおやじ (May, 1996)

Delhi3-1.jpg

顔なじみになると無言でニヒルに笑っておまけしてくれます
少々テレながらも圧搾機とポーズを取ってくれました
on ne voit bien qu'avec le cœur...
もう一度バラを見に行って戻ってきた王子様にキツネが教えた“秘密”・・・

on ne voit bien qu'avec le cœur. l'essentiel est invisible pour les yeux.
(大切なものは目に見えない、心で見ないとね)

PetitPrince-1.jpg

Antoine de Saint-Exupery, 'Le Petit Prince'

[on ne voit bien qu'avec le cœur...]の続きを読む
Olivier Jouan Morey-Saint-Denis Clos Solon 2005
誕生日が近い後輩を囲んでプチ・パーティ・・・

Jouan-1.jpg

Olivier Jouan Morey-Saint-Denis Clos Solon 2005
[Olivier Jouan Morey-Saint-Denis Clos Solon 2005]の続きを読む
Moinette biologique
日を置かずに Moinette blonde の姉妹品を・・・

MoinetteBiologic1-1.jpg

Moinette biologique, Brasserie Dupont
[Moinette biologique]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.