FC2ブログ
Dando un paseo a ...
美味しかったワインや印象に残った場所を綴ります
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
山梨上空からの富士
久しぶりのアップです ^^;
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
羽田から福岡に向かう朝一番のフライト
うとうとしてるうちに離陸して、気付いたときにアテンダントさんが教えてくれました

160315Fuji_1-1.jpg
飛行機の扉から眼下に見える富士
[山梨上空からの富士]の続きを読む
鹿児島散策 磯 ~ 仙巌園、そして、九州新幹線
インターミッション継続中です  ^^;

--------------------------------------------------------------
鹿児島では、あまりセカセカと観光することはせず、街から少し離れた "磯" 地区の方に行ってみました

その前に、こちらは・・・

140719Cainoya_40-1.jpg
西郷どん
[鹿児島散策 磯 ~ 仙巌園、そして、九州新幹線]の続きを読む
秋芳洞・秋吉台
長門峡で SLやまぐち号を見送った後、秋芳洞へ

'超' のつくくらい有名な鍾乳洞ですが、一度も行ったことがなかったのです
国道9号の山口バイパスから、国道435号を進んで 20km ほど行くと到着

公営駐車場は一杯だったので、参道?入口に近い私設駐車場に車をとめて秋芳洞へ
土産物屋の喧騒を尻目に入口を目指します ^^

140504秋芳洞_1-1
秋芳洞の入口
[秋芳洞・秋吉台]の続きを読む
青野山を望む津和野城址へ
前日夜の思黙庵では遅くまでワイン談義に花が咲き、ついつい夜更かし・・・

翌朝はゆっくりしてチェックアウトぎりぎりで出発 ^^;

太鼓谷稲成神社への道の途中にある駐車場に車を止めて、リフトに乗って津和野城址へ
見てみたい特別な景色があったのでした

天守台跡に行く途中に出丸に登る道があり、そちらを進んでみる・・・

140503津和野_20-1
津和野城址から見る青野山
[青野山を望む津和野城址へ]の続きを読む
小倉 ~ 河内藤園
GW にマ・シェリの故郷の小倉へ

お姉はん一家に、知る人ぞ知る絶景と言われる「河内藤園」に連れて行ってもらう
正確には、北九州市八幡東区にあります

140503河内藤園_1-1
河内藤園
[小倉 ~ 河内藤園]の続きを読む
魚沼へ摘み草を食しに、その前に?会津へ
新潟県魚沼の大湯温泉の近くで、春から秋の間に "摘み草" を料理して食べさせてくれるところがあるとの情報で出掛けてみることに
春の営業開始は、今年は 4月18日だったとのこと

せっかく車を借りて出掛けるんだし、ちょっと欲張って会津を回って行くことに

昼食後に行ってみたのは、親戚から会津若松に行くたびに訪れると聞いたこちらへ・・・

140426会津_1-1
満開の桜に映える栄螺堂(さざえどう)
[魚沼へ摘み草を食しに、その前に?会津へ]の続きを読む
Sillon deTalbert ~ Côte de Granite Rose
Paimpol パンポルでプティ・デジュネの後、Sillon de Talbert シヨン・ド・タルベールを目指す

シヨン・ド・タルベールは、パンポルのある半島の西側にあって、ブルターニュ地方で大西洋に向けて最も北に張り出した場所
普段、陸につながっている、3km くらいの細長い Île Blanche イル・ブランシュ(“島”)が、満潮時に真っ青な海に囲まれて幻想的な姿になるとのこと
最高に潮が満ちると陸から切り離されるのか?

地元の人に聞いたお話だけを頼りに行ってみたのでした

1402Lamballe_50-1.jpg
Sillon de Talbert
[Sillon deTalbert ~ Côte de Granite Rose]の続きを読む
Paimpol ~ Route d'Arcouest 周辺
ブルターニュ滞在中、唯一の日曜日、大西洋に面した海岸を目指す

最初に目的地としたのは、ランバルの北西 50km ほどにある Paimpol パンポル
特別何か目当てがあった訳ではないけど、その辺りの海岸を散策することに

ランバルから N12 に乗り、Yffiniac イフィニアックを通って Saint-Brieuc サン=ブリューを迂回して D6 で高速を降りる
そのまま真っ直ぐ北西に進むとパンポルに到着

街の中心に近い駐車場に車を止めて海の方へ歩きませう

1402Lamballe_30-1.jpg
La Vieille Tour à Paimpol (1760)
[Paimpol ~ Route d'Arcouest 周辺]の続きを読む
Rennes から Lamballe へ
今年も再びブルターニュ地方の Lamballe へ

1402Lamballe_0-1.jpg
雨の中差し込む朝焼けの光 ~ 宿泊した Lamballe 駅前のホテル Kyriad エントランスから
[Rennes から Lamballe へ]の続きを読む
爆発!?
残暑が戻ってきてしまった中、鹿児島へ
仕事で日帰りというのが残念…

130920Kagoshima_1-1.jpg
鹿児島市内から見た桜島
[爆発!?]の続きを読む
裏磐梯 ~ 五色沼
旅行記の筆が進んでいませんが、再び軽い話題でインターミッションです ^^;

--------------------------------------------------------------------------

週末を利用して会津・福島へ
喜多方でお気に入りのお店に立ち寄った後、裏磐梯方面に向かう

子供の頃にもらった切手の国立公園シリーズで、噴火で山体が吹き飛んだ磐梯山の絵図を見て興味津々だったことを思い出しました ^^

その磐梯山の北側は“裏磐梯”と呼ばれるようですが、麓に点在する五色沼を散策することに

130907Urabandai_1-1.jpg
毘沙門沼
[裏磐梯 ~ 五色沼]の続きを読む
夏の津和野 其の三 ~ SLやまぐち号
思黙庵でランチ中に大粒の雨と雷…
シェフとおしゃべりしている内に止んで助かりました ^^

津和野からは小倉に向かったのですが、新幹線に乗る新山口駅までの山口線も楽しんでいきましょう!

130714やまぐち号_1-1
昔の駅標「乃わつ」
[夏の津和野 其の三 ~ SLやまぐち号]の続きを読む
Cap Fréhel
フランクフルトでの Messe の後、フランス・ブルターニュの Lamballe へ

とある午後、大西洋に北に向かって突き出た岬、Cap Fréhel を目指す
Lamballe からは、北東へ 25km

灯台(資料館にもなっている)の隣に駐車場があり、海岸に沿うように遊歩道がある

ここもそうだが、フランスは国内にハイキング歩道が整備されている(ちょっと激しい道もあるようだが…)

130511CapFrehel_1-1.jpg
駐車場から少し西に歩くと断崖に
[Cap Fréhel]の続きを読む
Kleinostheim
3年に一度のMesse(展示会)のために、Frankfurt am Main へ

Messe 開催中はフランクフルト市内では宿も取りにくいためか、前々回(6年前)から使っていると言う郊外の宿
フランクフルトから南東に 25kmくらいの Kleinostheim にありました

130508Kleinostheim_3-1.jpg
Kleinostheim
[Kleinostheim]の続きを読む
小倉への帰路~青海島へ
津和野の後は萩近郊を通って、長門市の青海島へ
仙崎の港の海鮮市場に寄った後、青海島に入り、紫津浦沿いを北上してキャンプ場近くに車を止める

この辺りは島の幅が狭くなっていて、日本海側へ歩いて出られるのです

130324青海島_1-1
陽が差すとエメラルドグリーン~プルシアンブルーの色合いに!
[小倉への帰路~青海島へ]の続きを読む
小倉の後、津和野へ
小倉でマ・シェリのお姉はんを訪ねたあと、島根県の津和野へ
位置的には山口県のように錯覚してました ^^;

中国道を小郡ICで降りて、国道9号をまっすぐ北東へ
60kmくらいはありますが、込んでないし走りやすい道なのでストレスはありません ^^

山間の盆地に広がる古い町

130323津和野_1-1
鯉がゆったりと泳いでます
[小倉の後、津和野へ]の続きを読む
雲仙温泉散策
妙見岳に霧氷を見に行った後、雲仙温泉を散策

雲仙温泉の旅館街に温泉が地表に湧き出ている“地獄”があります

130321雲仙_1-1
雲仙温泉“温泉地獄”
[雲仙温泉散策]の続きを読む
雲仙温泉「半水盧」
雲仙では、旅館「半水盧」に宿泊

130320半水盧_1-1
旅館「半水盧」
[雲仙温泉「半水盧」]の続きを読む
雲仙へ!
お彼岸のお休みに小旅行で雲仙へ

諫早ICから1時間半くらいで、海沿いを走る国道57号線から分かれて県道128号へ
曲がりくねった一本道でしたが、午後4時半を過ぎた頃から霧が発生!
見通しが利かなくなった中、何とか雲仙温泉に到着

その日はゆっくりして、翌朝に雲仙普賢岳の近くへ

雲仙130321_1-1
雲仙普賢岳 ~ 有明海に向かって流れ落ちた溶岩・火砕流の跡(1991年)
[雲仙へ!]の続きを読む
高千穂へ ~ 「神仙」
昨年の秋に、念願かなって高千穂を訪れました
何故だか分かりませんが、小学校の頃から気になっていたのです
その歴史と伝説ゆえでしょうかねぇ・・・

高千穂は宮崎県にあるのですが、県北西にあるので、熊本県の阿蘇から入るのが近い

阿蘇山の南を通り、国道325号線を進むと、高千穂町へ

そこから北東に6kmくらい行ったところに、天岩戸神社がある

110917高千穂_1-1
天岩戸神社
[高千穂へ ~ 「神仙」]の続きを読む
白神山地~十二湖
弘前で一晩過ごした翌日は、JR五能線沿いに走って、十二湖を散策後、大館能代空港から戻るルート

弘前からは県道3号線を通り、岩木山を右手に見ながら徐々に北上

111030十二湖_1-1
岩木山、南側からの眺望
[白神山地~十二湖]の続きを読む
白神山地~暗門の滝
翌朝、野の花 焼山荘の女将と思しき方に記念写真を撮っていただき、八甲田山方面へ出発
この日の目的地は白神山地の暗門の滝

111029白神_1-1
宿を出てすぐ、川沿いには真っ赤な紅葉をまとった木々が

[白神山地~暗門の滝]の続きを読む
紅葉の奥入瀬
十和田湖の東側、湖から川が流れ出る "子の口" へ
ここからの狭い山間は、奥入瀬渓流と呼ばれる
流れ出す川はやがて太平洋岸の八戸へ

この奥入瀬を歩くのは、実に25年振り!

子の口に車を止めて、渓流の入口へ

111028十和田_12-1
流れ出しのところ
[紅葉の奥入瀬]の続きを読む
晩秋の十和田湖
シャンパーニュ紀行が少し書き残し状態ですが、旬のエントリを・・・

-------------------------------------------------
関東や関西よりも一足先に晩秋を迎えた十和田湖を散策、週の途中は天気がすぐれなかったのですが、週末に晴れてくれました ^^

朝早くに羽田空港に着いてみると、大館能代空港への便は現地天候が霧のため出発遅延・・・ 何やら波乱の要素が?

一応アナウンス通り、30分遅れて出発、鳥海山を眼下に見ながら秋田北部へ
と、機長よりのお知らせ・・・

「霧が晴れないため、上空にて旋回して待ちます」、とのこと
確かに、大館能代空港があると思われる方向は霧が盆地に溜まっているようだ
陸上トラック型の小さい軌道を規則正しく旋回し、30分ほど待っていると、再びアナウンス・・・

「まだ霧が残っているため、もうしばらく旋回します」
って、結局、一時間以上旋回してました ^^;

北には岩木山が晴れやかに見えているのに

111028十和田_1-1
白神山地の向こうに見える岩木山
[晩秋の十和田湖]の続きを読む
石の羊
GW に小倉に行った際に、車で町の南の方まで連れて行ってもらった

30分も走ると、家もまばらになってくる
322号線から外れて、カルスト台地の平尾台へ

110501Hiraodai_1-1.jpg
平尾台(自然観察センターから千仏鍾乳洞に行く途中の見晴台から)
[石の羊]の続きを読む
白川沿いの風景
京都の白川は岡崎から祇園の北の方を通って四条の北で鴨川に流れ込みます

白川100414_1-1
白川(大和大路通から東側)

もう葉桜になって川面に浮かぶ花びらも少ないかなぁ

夕方の静かなひと時の散歩でした
高尾山の花たち
遅掛けから高尾山に登ってきました

3月10日の雪のせいでルート⑥は琵琶滝下が崩れていて通行止め、吊り橋のあるルート④も倒木でダメ…
仕方なく、稲荷山経由のルートで上りました

麓では、ソメイヨシノが満開!
なので、山頂も満開かな~と思いきや…

4-1.jpg

こんな感じ…山桜系の品種でしょうか?
[高尾山の花たち]の続きを読む
那覇散策 波上宮~首里城
11月に那覇へ…沖縄は初めて
こまめに時間を見つけて市内をぶらりと

091128那覇_1-1
波上宮
[那覇散策 波上宮~首里城]の続きを読む
塔ノ岳(丹沢山系)
9月中旬と少し前になりますが、神奈川県の丹沢山系にある塔ノ岳に登ることに

予定していた日に寒冷前線が関東を通過、かなり激しい雨・・・一日延期して決行したのでした

翌日は快晴!普段の行いが良いとご褒美をいただけるようです、ふふふ ←アホ

090913丹沢_5-1
つりがね草のような花
[塔ノ岳(丹沢山系)]の続きを読む
Isla de Pascua
太平洋の南東に浮かぶチリ領の島、イースター島
チリで話されているスペイン語ではイスラ・デ・パスクア、地元の言葉では“ラパ・ヌイ”

島の南東部にはかつてモアイが切り出されていたラノララクと呼ばれる場所がある(1995.Dec)

Pascua-1.jpg
胸から下が埋まっているモアイ
[Isla de Pascua]の続きを読む
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.